虫歯リスクが急激に上がる「感染の窓」とは

感染の窓って知っていますか?

オーラルケアに関心の高いあなたなら必ず知っているワードかも。

今回は感染の窓についてまとめました。

 虫歯リスクが上がる時期とは?

赤ちゃんの前歯がそろい、奥歯が生え始める1歳半から2歳半までの間を「感染の窓」といいます。この時期は、母親から赤ちゃんへ虫歯菌(ミュータンス菌)が感染しやすい時期だけに、特に注意が必要です。

赤ちゃんは虫歯菌がいないって本当?

もともと、赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在しません。それが、親子で同じ食器を使う、食べ物を口移しで与える、キスをするといったことで、虫歯菌が気付かないうちに、子供に感染してしまうのです。一定の年齢を超えれば、その恐れはなくなりますが、まだまだ小さいうちはそうもいきません。

そこで、重要になってくるのが、お母さんやお父さんの口内ケアです。親が虫歯菌に感染していたら、大変なことになります。だからこそ、「感染の窓」と呼ばれるのです。

では、どうしたらいいのでしょうか。

保菌者の徹底ケア

まず、両親が歯磨きを徹底的に行うようにします。食事のあとは、必ずするようにしてください。

次に、治療途中の歯があったら、最後まで治療を澄ましておくことが大切です。中途半端な状態を放っておくと、その部分に細菌が感染することがありますので、子供さんへの悪影響があります。

定期歯科検診

それから、歯医者さんで、歯垢チェックやクリーニングを受けられるところもあります。信頼できる歯医者さんを見つけたら、定期的にチェックをし、口の中を清潔に保つように努力してください。

赤ちゃんの虫歯菌対策

一方、赤ちゃん自体の歯のケアもこの時期あたりから始めなければなりません。といっても、赤ちゃんは自分で歯磨きができないので、親が代わってやります。歯ブラシはまだ無理なので、綿棒やガーゼなどで、ふき取ってあげます。赤ちゃんといえども、食べかすが残っていたりすると、そこから虫歯ができたりします。強くやりすぎる必要はありませんが、丁寧にふき取ってあげましょう。

それ以外では、砂糖を多く含んだ食べ物は、できるだけ与えないようにします。砂糖から酸が生まれて、虫歯のもとになりますから、それを未然に防ぐ必要があります。

まとめ

以上のように、「感染の窓」といわれる時期には、親子ともども口腔ケアを入念に行い、赤ちゃんがその後虫歯で困ることがないようにしてあげることが、なによりも大切です。

歯周病は中高年だけじゃない!20代から始める歯ケア

歯周病という言葉を聞いたことが無い人はいないでしょう。

今では数多く歯周病ケアの歯磨き粉のCMを見ますよね。

しかし、これらのCMを見ても、どこか中高年向きのイメージを持ちませんか?20代から30代前半の方にとっては、あまり縁の無い話のように思われるかもしれません。
しかし、自覚症状が無いだけで、実際歯周病の危険は潜んでいます。今回は20代から30代前半の方達へ、歯周病ケアの大切さをご紹介します。

歯周病患者の割合

歯周病は心臓病や糖尿病と同じ生活習慣病の一つです。だからといって、中高年の病気ではありません。

確かに、歯周病で歯を失う人は、30代後半から増えてきます。20代から30代前半の人は、虫歯で歯を失う人が大半で、歯周病が原因の人は殆どいないのが現状です。
しかし実際は自覚症状が少ないだけで、成人の約8割が歯周病患者だと言われています。
20代から30代前半の人でも、歯周ポケットが4mm程度の軽度歯周炎や、歯周検査(プロービング)を行った際に出血する人の割合は、約7割いると言われています。
これら初期の歯周炎を放っておくと、どうなるのでしょうか。次に進行度合いをご紹介します。

歯周病の進行度合い

進行度合いは、歯周検査において歯周ポケットの深さで確認します。ちなみに健康な歯の人は、歯周ポケットが1~2mmです。

  1.  歯肉炎 ポケット3mm程度 歯垢が溜まって、歯茎が炎症気味
  2.  軽度歯周炎 ポケット4mm程度 炎症が強まり、歯を支える骨(歯槽骨)が壊れ始める
  3.  中度歯周炎 ポケット6mm程度 歯槽骨が更に破壊され、歯がぐらつき始める
  4.  重度歯周炎 ポケット7mm以上 歯槽骨が半分以上破壊され、食事が出来ない程ぐらつく

歯周病が進行すると歯周ポケット深くなり、歯磨きだけでは治らなくなります。出来るだけ初期の段階でケアすることが大切です。

歯周病になる原因

私達が食事をすると、歯に歯垢が溜まります。その歯垢の中には様々な細菌が存在し、歯周炎を起こす細菌もその中に含まれています。

現在その原因菌は10種類確認されています。それらは酸素を嫌うため、酸素の少ない歯周ポケットに潜んで、細菌を増やすのです。

ですので、歯と歯茎の間に歯ブラシを当てて、磨くことが大切になります。

一方、歯周病は生活習慣病の一種でもあることから、日々のストレスや食生活が原因でもなり易くなります。
また喫煙も歯茎の血行が悪くなり、歯周病の進行を速めてしまいます。現在若い人の喫煙率は減少していますが、20代から30代前半の男性で30%強、女性で10%程度いますので、喫煙されている方は特に気を付けましょう。

働き盛りの今こそ、歯科検診で予防を

20代から30代前半というと、仕事を始めたばかりだったり、仕事の波に乗ってきて何かと忙しい年齢だと思います。特に男性は食生活も乱れ勝ちになります。

そしてその乱れが、30代後半からのメタボリックシンドロームへとつながり、更に糖尿病などを引き起こす原因となります。

糖尿病と歯周病には、密接な関係があるのはご存知ですか?

糖尿病患者が歯周病になり易いという報告があります。逆に歯周病患者が糖尿病になり易いという報告もあります。実際、健康な歯の人が糖尿病になる割合と、歯周病患者が糖尿病になる割合を比較すると、歯周病患者の方が2倍以上多いそうです。

20代から30代前半の歯周病初期症状者が7割いることを考えると、自覚症状が無くても歯周検査をすることをお勧めします。

また、日々の歯磨きをしっかりしているつもりでも、歯垢が残っている場合があります。歯垢が溜まったまま2、3日経つと、歯石へと変わります。歯石は歯磨きでは落とせないため、歯医者での除去が必要となります。

仕事が忙しくて、健康診断すらなかなか時間を取れない方もいらっしゃると思いますが、将来持病を抱えないためにも健康診断+歯科検診を行うことをお勧めします。

みんなはどっち派?子ども用歯磨き粉の必要性と不必要性

 

現在お子様は、歯磨き粉をお使いになっていますか?「やっぱり使った方が良いでしょ」とか「小さいうちは必要ないでしょ」とか意見は様々だと思います。

では、なぜ子ども用の歯磨き粉は必要なのか。一方で必要ないのか。虫歯予防の方法によって、これらを検討していきたいと思います。

歯磨き粉に賛成?反対?

大人用、子ども用に関係なく、歯磨き粉の必要性は歯科医師の間でも意見が分かれます。
では、各々の主張はどのような所にあるのかを挙げてみます。

《歯磨き粉賛成派》

  • 研磨剤が歯垢を除去し、歯の表面がつるつるになる。
  • 口臭を予防してくれる。
  • 歯石の沈着を抑えてくれる。
  • 特に「フッ素」配合は歯を強くし、虫歯の発生を抑えてくれる。

《歯磨き粉反対派》

  • 磨き方によっては、研磨剤が歯の表面を傷つけてしまう。
  • 発泡剤によって、磨けた気になってしまう。
  • 唾液で充分殺菌作用が望める。

虫歯ってどうやってできるの?

そもそも、虫歯はどうやって出来るのしょう?
歯の構造は簡単に、神経の上に象牙質があり、その象牙質をエナメル質が覆っている形になります。エナメル質は、人間の身体で最も硬い組織と言われています。
また乳歯は永久歯に比べて大きさが一回り小さく、象牙質やエナメル質も薄いというデリケートな構造になっています。

そして虫歯が出来るメカニズムは次の通りです。
虫歯細菌(ミュータンス菌)が口内の糖類と共に歯の表面に付着し、その付着物(歯垢)のミュータンス菌が糖を分解して酸を作ります。その酸が歯のエナメル質を溶かします(脱灰)。これが虫歯の始まりです。
エナメル質が解けるとまず、表面にツヤが無くなって、白色や薄茶色になります。そして徐々にエナメル質に穴が開き、象牙質まで浸透するとしみるなどの異変を感じるようになります。

虫歯予防でできること

「だったらミュータンス菌が無ければ良いのか!」その通りです。しかし残念ながら、大人の口内にはミュータンス菌が存在しています。逆に赤ちゃんの口内には存在していません。食事や回し飲みで親の唾液を通して、ミュータンス菌が移ってしまうのです。
赤ちゃんに移さないようにするのも大切ですが、親の口内に多くのミュータンス菌が存在しないようにすることも大切です。

では、子どもの口内にミュータンス菌が存在することを前提として、どのような予防方法があるのかご紹介します。

  1. 糖類(ショ糖、果糖)を出来るだけ摂らないようにする。
  2. 食後に出来るだけ早く歯磨きをする。
  3. 酸に溶けにくい歯にする。

上記の①と②は、子どもや周りの大人が気を付けることで予防できますが、③は歯磨き粉の力が必要になります。

歯磨き粉の役割

歯磨き粉には「研磨剤、発泡剤、粘結剤、香味剤、保存料、薬用成分」などが含まれています。
エナメル質が薄い子どもの歯のためには、研磨剤や発泡剤が少量もしくは無配合の物が良いとされています。
また薬用成分である「フッ素」は、歯の再石灰化を促し、酸に溶けにくい歯を作ってくれ、最も推奨されている成分の一つです。
香味剤である「キシリトール」は天然の甘味料で、ミュータンス菌の活動を弱める効果があると言われています。

歯磨き粉が必要な子と必要ない子

最初の「歯磨き粉反対派」の意見にもあった通り、口内に糖が無い状態であれば、唾液で充分殺菌効果がありますし、歯の再石灰化も行われます。

つまり出来るだけ糖類を摂らないで、食後すぐに歯磨きをし、更にお茶や水などを頻繁に飲む家庭であれば、歯磨き粉無しでも充分予防は出来ると考えられます。

しかしそこまで出来ないのであれば、歯磨き粉は必要だと考えられます。但し乳歯が全て無くなるまでは、研磨剤の少ない子ども用歯磨き粉を使うことをお勧めします。

また永久歯が生えても、約2年間は表面がデリケートな状態です。これらの状況を踏まえると、小学校高学年まで子ども用歯磨き粉を使う方が良いと考えられます。

高学年になると、清涼感のあるミント味を好むようになる子も多いと思います。ミント味の子ども用歯磨き粉は種類が少ないですが、歯を傷つけないために子ども用歯磨き粉を使いましょう。

こちらのサイトが詳しい体験談が書いていました⇒ブリアン歯磨き粉。

ネットにでているどのサイトよりも参考になりました。