虫歯リスクが急激に上がる「感染の窓」とは

虫歯リスクが上がる時期とは?

赤ちゃんの前歯がそろい、奥歯が生え始める1歳半から2歳半までの間を「感染の窓」といいます。この時期は、母親から赤ちゃんへ虫歯菌(ミュータンス菌)が感染しやすい時期だけに、特に注意が必要です。

赤ちゃんは虫歯菌がいないって本当?

もともと、赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在しません。それが、親子で同じ食器を使う、食べ物を口移しで与える、キスをするといったことで、虫歯菌が気付かないうちに、子供に感染してしまうのです。一定の年齢を超えれば、その恐れはなくなりますが、まだまだ小さいうちはそうもいきません。

そこで、重要になってくるのが、お母さんやお父さんの口内ケアです。親が虫歯菌に感染していたら、大変なことになります。だからこそ、「感染の窓」と呼ばれるのです。

では、どうしたらいいのでしょうか。

保菌者の徹底ケア

まず、両親が歯磨きを徹底的に行うようにします。食事のあとは、必ずするようにしてください。

次に、治療途中の歯があったら、最後まで治療を澄ましておくことが大切です。中途半端な状態を放っておくと、その部分に細菌が感染することがありますので、子供さんへの悪影響があります。

定期歯科検診

それから、歯医者さんで、歯垢チェックやクリーニングを受けられるところもあります。信頼できる歯医者さんを見つけたら、定期的にチェックをし、口の中を清潔に保つように努力してください。

赤ちゃんの虫歯菌対策

一方、赤ちゃん自体の歯のケアもこの時期あたりから始めなければなりません。といっても、赤ちゃんは自分で歯磨きができないので、親が代わってやります。歯ブラシはまだ無理なので、綿棒やガーゼなどで、ふき取ってあげます。赤ちゃんといえども、食べかすが残っていたりすると、そこから虫歯ができたりします。強くやりすぎる必要はありませんが、丁寧にふき取ってあげましょう。

それ以外では、砂糖を多く含んだ食べ物は、できるだけ与えないようにします。砂糖から酸が生まれて、虫歯のもとになりますから、それを未然に防ぐ必要があります。

まとめ

以上のように、「感染の窓」といわれる時期には、親子ともども口腔ケアを入念に行い、赤ちゃんがその後虫歯で困ることがないようにしてあげることが、なによりも大切です。